So-net無料ブログ作成

TREK ROSCOE 8

2019_trek_roscoe_8.jpg
パンフレットに載っていない、こんなバイクがトレックにもあるのです。どんなバイクかというと、27.5+のMTBですね。
27.5X2.8のプラスサイズタイヤを内幅40mmの太いリムに履かせた楽しめるバイク。
当然フレームもフォークもブースト規格。
遊ぶためにフォークストロークはこの手のMTBにしては若干長めの120mm。
ドロッパーポストだって標準装備ですし、タイヤやホイールもチューブレスレディ。
バルブとシーラントがあればチューブレス化できます。
コンポーネントはSRAM EAGLE NXの1X12。
11-50Tのワイドレシオが魅力です。
で、プラスバイクの走りってどうなの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、これが不思議なことに意外や軽いんですよね。
ホイールの慣性で回って行ってしまうのでしょう、結構軽く走れます。
またプラスタイヤのメリットとして空気圧を落とせるというのがあります。
私もプラス規格のMTBを所有しておりますが舗装路で高くて1.5キロ、もっと落としても走りはさほど重くなりませんし腰砕けもありません。
山を走るときは1.0~1.2キロ程度です。
時には舗装路でも山でも空気圧を変えなくてもいけてしまいます。
バイクの特徴もそうですが、SRAM EAGLE NX、ドロッパー標準装備のこのバイクが本体価格139,000円といのは何よりのお買い得価格ですね。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0