So-net無料ブログ作成

SRAM GX EAGLE [パーツ]

sram_gx_eagle_0.jpg
上位グレードXX1 EAGLEやX01 EAGLEのテクノロジーを踏襲し、お求めやすくした1X12ドライブトレイン GX EAGLEが入荷しました。リアのスプロケットの歯数を10~50Tの超ワイドレシオでありながら、12段変速により適度にクロースレシオ化を実現。
1X11を使用している方なら実感されているかと思われますが、ワイドレシオな1X11と言えども、オフロードでの登りを考えた歯数にすると下りでギアが足りなくなってしまう。
特に11Tトップだとそれは顕著。
SRAMでは11速でも一部グレードを除き10Tトップなので、11Tトップに比べればまだギアの守備範囲は広いのですが、それでももっと重いギアが欲しくなることがありました。
だからといってチェーンリングを大きくすると登りが辛くなる…
そんな不満を解消したのがSRAM EAGLEの1X12ドライブトレイン。
ローは50Tですからその分チェーンリングを大きくできるので、下りで空回りすることもほぼ無くなるでしょう。
またチェーンリングを大径化できることでチェーンテンションも下がりますのでパワーロスも低減できます。
近日中に試乗車も用意します。
それにしても50T笑えます。
11速のロー42Tが出たときもローの大きさに驚きましたが今や50Tです。
ロードコンパクトのアウターチェーンリングと同じ大きさです。
最近のMTBの進歩は、生粋のロード乗りの方にはなかなか理解してもらえない位になってきていますね。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0